2017年7月6日木曜日

ホームレス支援 あんなこと・こんなこと

 「こころの港」は「カトリック正義と平和仙台協議会」と共に仙台に拠点を置いてから継続して活動を行っています。月1回づつのホースレス支援と夜回りボランティアは今年で4年が過ぎました。ニュースレターに記載されたホームレス支援についての記事を紹介します。


                      
 カトリック正義と平和仙台協議会の中でホームレス支援を開始してから17年目に突入しました。始まって間もなくの頃,2月の炊きだしで出会ったSさんのことを思い出します。Sさんは厳寒の公園の植え込みの中で動けない状態で発見されました。救急車で市立病院へ搬送。医師からは「飢餓状態なので,食事をとれば大丈夫。」とお話をいただきました。即「お引き取り下さい。」次にこの件で,福祉事務所へ向かいました。答えは「元の公園に戻して下さい。」でした。Sさんを連れて,迷わず今は亡き渡辺清さん宅に担ぎ込みました。ホームレスとしての生活の長さでしょう,まずは入浴介助の開始。下着が肌にこびりついて脱ぐことができずに,ハサミでジョキジョキ切り取りました。脱いだズボンがゴワゴワして二本の柱の様でした。医師の言う通り,食事の提供から三日目には何とか伝い歩くまでに回復しました。介護を交代して二日目は主日でした。ミサの福音書の朗読が読まれました。「飢えている者に食物を・・・・。」でした。Sさんの回復の喜びと神様からのお恵みを感じ,感動の涙が溢れました。Sさんは病院を経て,施設に入り,不安のない生活に落ち着きました。

 もう一つの思い出は2011年東日本大震災の時のことです。大震災の次の日が炊き出しに予定されていました。断水でしたが,エメ神父様は元寺小路教会の貯水槽に跳び乗り,上部の蓋を開けて,バケツで水をくむことができました。そのおかげで,通常のメニューは提供できませんでしたが,温かい飲み物を出すことができました。その後,マンション難民・避難所への炊き出し・仮設住宅での手伝い・南相馬原町教会等で,これまでの炊き出しの経験を活かすことができました。

 今年の7月には時限立法だった「ホームレス等自立支援法」の期限が迫っております。夫々の支援団体と行政が担ってきた役割が不利益にならない様,全国のホームレス支援ネットワークとして,厚生労働省への働きかけを行っています。仙台市でホームレスの概数調査が行われたのは2004年のことで,その年がピークで253名,徐々に減少傾向が続き2017年1月の調査では100名を切ったそうです。(間もなく厚生労働省の発表があります。)東北6県中,仙台市が際立って支援ができたことは,民間の支援団体が多く存在していた事があげられます。行政のハード面の支援も不可欠ですが,実際の支援は人の温もりとしてのソフト面の関わりがいかに必要とされているかを日々感じております。このような実のある支援活動にするために,まさに「自立支援法」があったからと痛感しております。

 私は,2000年カトリック正義と平和仙台協議会が最初の一歩として動き出した,夜回り・炊き出しの活動の中から,余儀なくホームレスになっている方々の希望に耳を傾けた結果が,国の作成した生活困窮者支援マニュアルにもつながっていると思います。ホームレス支援に関わる大きな恵みを実感できる日々に感謝しております。

 多くの支援の手を差し伸べて下さる皆様に,心より感謝申し上げます。今後とも


よろしくご指導をお願いします。


 芳賀 ヒロ子

2017年6月1日木曜日

ベルニさん、お元気で!


ベルニさんが去年の9月フランスへ帰りました。
予定では3ヶ月の休暇だったんですが、そのままフランスに住んでいます。
そして今はフランスで働いています。
彼から手紙をもらいました。

”私はフランスに帰っても、慣れるまでに時間がかかりました。
友達や家族に会って忙しいですが、祈りの時間をきちんと取らないとバランスが悪くなるので気をつけています。

今回の目的は休みでした。今は体調は良いです。睡眠のバランスを見つけるのに二ヶ月かかりましたが、仕事もできるようになりました。
家族や友人、心の港のメンバーなどが支援してくれて、とてもありがたいです。生活と仕事のリズムもよくなってきました。
午前中は畑仕事、午後は恵まれない子供たちの支援をしています。
ここではいつも、愛する日本のことを思い出します。
日本語の勉強は休憩中です。勉強を頑張りましたが、全然上達しませんでした。
なのでまた日本でミッションをするのは難しいと思っています。
まだミッションは終わっていないし、日本は居心地が良かったので、とても残念に思っていますが、日本のためにいつもここでお祈りしています。
連絡しなかったことで悲しい思いをさせていたらごめんなさい。
日本にいたときに大変なことはたくさんありましたが、今私が元気になったことを喜んでいただければ幸いです。

心から友情と愛をこめて。”

ベルニ






ハイージさん、ありがとう!!

ハイジさん、ありがとうございます。
~みちのく潮風トレイルを歩いて~

 「みなさん、みちのく潮風トレイル*¹を知っていますか?」「はい、知っています」と答えたあなたはハイジさんのお友達か、あるいは東北の観光に詳しい人です。ハイジさんは青森県八戸市から福島県相馬市までの太平洋沿岸のトレイルに約2か月半かけて挑戦しました。ちょっと説明すると青森県⇒岩手県⇒宮城県⇒福島県の東北の太平洋側すべての県を通る約700キロのロングトレイルです。東京・仙台間の往復距離*²くらいと考えてください。このロングトレイルは2011311日の大津波の被害にあった地区と重なります。
彼女はこのトレイルを通して震災で被害を受けた人々と交流をしました。震災から約6年経過しています。復興途中ですが、メディアに取り上げられる機会がめっきり減りました。そのような状況で、外国人である彼女が地元を歩いて、被災体験に耳を傾けたことが地元の人にとってどんなに嬉しかったかと私は想像します。また、実際に目撃もしました。私が同行したのは宮城県気仙沼市から南三陸町でした。リアス海岸*³が目の前にあり敷地内にJRの駅がある旅館は震災で浸水していました。ハイジさんは旅館のおじさん、おばさん、近所のおばさんといつの間に会話をしているのです。彼らはハイジさんに辛くて悲しい体験を語っていました。しばらくたつと彼らの表情に明るさが次第に出てきました。それはまるでハイジさんとの会話でこころが和んでいくかのように。
スペインのサンチャゴ巡礼路は約800キロ、みちのく潮風トレイルの距離とすこし近いです。ハイジさんとっては巡礼の旅、被災地を訪ねる旅だったのでしょう。私にとっては被災地・宮城県、大げさに言えば日本人と日本を再認識できた貴重で驚きの体験でした。この旅を通し:彼女の純粋な心、憐み深さ、寛大さ、やり抜く力、勇気を目のあたりにして、尊敬の念を感じました。「ハイジさん、ありがとう。」

*1 みちのく潮風トレイル:環境庁が整備しているロングトレイル。平成30年度の全面開通を目指す。沿岸部は断崖・リアス海岸などの風光明媚な沿岸部だけでなく、山・森のトレイルもある。震災を受けた地区でもあり「復興の道」でもある。
*2 東京都庁から宮城県庁まで、東北自動車道経由で約362km
*3 リアス海岸は湾がいくつも入り組んだ海岸のこと。代表的な所は三陸海岸であり、岩手県から宮城県の太平洋沿岸。


三浦明美



私の親受なるハイジちゃん
ハイジちゃんは誰にでも笑顔で
やさしく包みこんでくれます。
何かあった時、何もなくても
ハイジちゃんの笑顔に何度も
いやされ救われました。
子供の事も大好きで、私の子供も
ずいぶんたくさん一緒に遊んで
もらいました。
ハイジさんと知合えて
あっという間の1年間でした。
今まで会いたいと思ったらすぐ
会いに行ける環境でしたか
これからは遠い場所に帰ってしまいます。
本当に残念です。
しかし、私達家族は必ず
ハイジちゃんに会いに行きます。子供達が大きくなるまで

シンガポールで待っていて下さい。

祢津 緑

一緒に生活方の自己紹介: